☆コミックマーケット80新刊告知☆



































「ふふふんふふふふーん、っと。いやはや、今日は快勝だったぜ」





霧雨魔理沙は、今日も紅魔館を歩く。
門番と手合わせをし、気持ち良く勝ちをもぎ取り、図書館へと続く扉を開ける――全くもって、いつも通りの光景。





「さて、今日は何を読むか――おわっ!?」





そんな彼女を出迎えたのは、全くいつも通りでない事態だった。
先の上機嫌もどこへやら、不機嫌そのものの表情で図書館を歩く魔理沙。やがて図書館の主を見つけた彼女は、早速先の事態について問い質す。





「さぁ、これがどういうことか説明してもらおうじゃないか」
「……どういうこと、と言われても困るわよ」





図書館の主、パチュリー・ノーレッジは困惑した。
いかな知識の魔女と言えど、頭頂部のたんこぶを見せつけられただけで状況を把握することなど出来ない。





「……本当に知らないのか?」
「知らないって、だから何のことよ? 最初から説明して頂戴」





パチュリーの様子に頭を冷やした魔理沙は、起きた事態を簡潔に説明してやった。
すると、パチュリーは何か合点が行ったのか、表情を陰らせ大きな大きな溜息を一つ。





「やっぱり何か知ってるんだな、パチュリー?」
「えぇ、とても心当たりがあるわ……先に言っておくけど、やったのは私じゃないわよ」
「どう言うことだよ。パチュリーがやってないならなんで心当たりがあるんだ?」
「その説明を始めると長くなるから……」





そう言って、パチュリーは従者を呼びつける。
現れたのは当然、彼女が百年来の従者・小悪魔なのだが――





「――こぁ、いるかしら?」
「……お呼びですか、パチュリー様」
「……こぁ? お前さん、いつからそんな名前になったんだ?」





初めて訊いたその呼び名に、困惑を隠せない魔理沙。
その彼女に向けて、パチュリーは説明を始めた。
魔理沙を出迎えた手荒い「歓迎」、そして小悪魔の新しい愛称「こぁ」の所以、それらに回答を与える話を――
































『Angelic Devil』

本文: ハッシー
挿絵: 奈々樹
装丁: A6文庫版/132P
価格: 500円





2011/08/13「コミックマーケット80(2日目)」
東ホール マ-03b「呪刻堂」にて委託頒布。
皆様のご来訪、お待ちしております。

委託先「呪刻堂」さんの新作もございます。ぜひに。










これは図書館の小悪魔が辿った、絆と成長の物語。



















当ページはリンクフリーです。
バナーは直リンでもお持ち帰りでも。


直リンの場合以下のソースをコピペすると便利。
<a href="http://sixthsense.ddo.jp/works/c80/index.html" target="_blank">
<img src="http://sixthsense.ddo.jp/works/c80/banner.png" border="0"></a>





とらのあな様にて委託販売が開始されました。







この本を買った方はこんな本も買っています

『Lonely Wolves』
\ 1,000




『奇跡の読心パレイドリア』
\ 500



この本を見た後に買っているのは?
50.90%のカスタマーが、このページの本を購入しています。
Angelic Devil Sixth Sense
 
39.8%のカスタマーが
Lonely Wolves を購入しています Sixth Sense
\ 1,000
37.8%のカスタマーが
Memory を購入しています Sixth Sense
\ 500
8.90%のカスタマーが
東方純恋譚 ~ The Lylic of Lovely Love. を購入しています Sixth Sense
\ 1,000








コミックマーケット公式HP




上海アリス幻樂団




奈々樹さんのHP


奈々樹さんのTwitterアカウント





TOPページへ