と、言うわけで

WordPressを導入してみました。どうも、ハッシーです。
いやはや、前々から導入する気はあったんですが、忙しさと面倒臭さでなかなか手を付けてなかったんですが、やっと重い腰を上げて設定。
テーマは、一から作ろうと思っていたんですが面倒になり、「Light Green」と言うテーマを元にちょこちょこと改変を加えて形にしました。
右下には、『Angelic Devil』のイラストを担当してくれた奈々樹さんの描いたここぁを添えてみました。可愛いですよね。ね。

さて、それでは気分も新たにイベント告知。
明後日5月5日(土・祝)に開催される「紅月ノ宴陸」に、サークル「Sixth Sense」として参加致します。
頒布物は、C81新刊『LockedGirl』のみ、もしくは既刊数える程度、さらにもしかしたら薄っぺらい新しめな何かがあるかもしれません。
スペースは「B14」だった気がします。お隣のカキヤザクロさんにスケブをお願いすると言う暴挙に出てみるかどうかお悩み中。

それから例大祭ですが、申し込んでおりません。
詳しい話は次回にするとして、委託参加と言う形でサークル参加することになっています。
委託先は、お-53a「第四分隊」さん。雪村さんとこですね。
今必死に原稿してるとこだと思います。頑張ってください。
ちなみに私の新刊はないか、薄っぺらい新しめな何かのバージョンアップ版があるかどうかだと思います。
こちらでも主な頒布物は『LockedGirl』。例大祭では他の既刊はありませんのであしからず。

それから、6月のサンクリと8月の夏コミに申し込んでいます。
夏コミは新刊の予定がありますが、卒業研究の中間発表が7月にあるのでかなり心配なところ。
カットとかはまた今度。紅月終わったあとにでもー。

それでは今日はこの辺で。
過去の記事の移行作業や、発行した作品の紹介記事も作らなくちゃなぁ。

Posted on:2012年5月3日 | Category:イベント告知 | Comment:1 Comment

One Response to “と、言うわけで”

  • 胡玉 より:

    紅月の宴お疲れ様でした。
    お隣の「USAGI」に委託していた「夢追工房」の32号さんにくっついていた胡玉というものです。
    100P近い「東方ProjectDataBook」とかいうコピー本をお渡しした者と言えばわかって頂けますでしょうか。
    その場で予告させて頂いたとおり、コピー本と引き替えに頂いた
    「うちのメイド長が。(仮)プレビュー版」
    「LockedGirl」
    の感想を述べさせて頂きます。
    「LockedGirl」の方はもう、「紅月の宴」後半及び、「ヨウ楽団カァニバル」の後半待っている間だけで読み終わってしまいました。
    どちらも一般参加だったというのもありますが、読むのをやめる事ができなかったというのが正直なところです。
    東方Projectにおいて、種族を越えたカップリングを描く場合、寿命の違いというものはついてまわるテーマではありますが。
    多くの場合、今作中で描かれた咲夜さんのように事前に言葉を尽くし、別れの瞬間を円満に迎えられるように備えるか、あるいは愛憎の果てに第三者が理不尽に人間の側の命を断つようなものが多いと少なくとも私は感じています。
    それが予期せずに不意に別れが訪れ、その前に言葉を尽くさなかった後悔をここまでの完成度で正面から描いたというのはすごいと感じました。
    だって、どうしても鬱展開かあるいはBADENDになってしまいますものね。
    装丁の似た「例の作品」でもある意味それは描かれてはいましたが、主題は別だったですし。
    それを読み終えたあと、清涼感すら感じさせるほどの完成度で装丁や挿絵まで演出に使ってここまで作り込むとは・・・この作品に込めたとてつもない熱意を感じました。
    燃え尽き症候群になるのも納得です。
    そのあとに「うちのメイド長が。(仮)プレビュー版」を読んだのですが。
    なんというか反動が大きすぎて(笑)
    とりあえず、感想はひとまず控えさせて頂きます。
    例大祭では私も「胡玉書厨」というサークル名でデビューする事になっておりますので、ご迷惑でなければお渡ししたコピー本をオフセットにしたものを持参して、改めて委託先のサークルさんまで挨拶に行かせてもらいます。
    よろしければまたそのときにお会いしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です